2019.11.7 13:20

広島・中崎が右膝を手術 今季36試合登板、来季開幕には間に合う見通し

広島・中崎が右膝を手術 今季36試合登板、来季開幕には間に合う見通し

広島・中崎

広島・中崎【拡大】

 広島は7日、中崎翔太投手(27)が前日6日に広島市内の病院で右膝の手術を受けたと発表した。「右膝半月板部分切除手術」で、通常6週間から8週間で完治するため、来季開幕には間に合うとみられる。

 昨年まで抑えとしてセ・リーグ3連覇に貢献した右腕だが、今季は36試合で3勝3敗、5ホールド、9セーブ、防御率4・09。6月20日から7月30日まで出場選手登録抹消されるなど、精彩を欠いた。2015年から4年連続50試合登板以上をマークした鉄腕が、試練のときを迎えている。