2019.11.6 05:00

阪神・才木、クロスカントリー2周おかわり「しんどかった」

阪神・才木、クロスカントリー2周おかわり「しんどかった」

ブリッジした状態で動く阪神・才木=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)

ブリッジした状態で動く阪神・才木=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神秋季C(5日、安芸)午前中に行われたクロスカントリーでは才木が2周、片山、牧が1周他の選手よりも多くこなした。

 右肘痛でリハビリ中の才木は「しんどかったです。できることはたくさんあると思うので、やれることはやりたい」と気合。片山も「気にかけてもらえてもっとやらないとと思います」と力を込めれば、牧も「尻を叩かれて、ありがたいです」と表情を引き締めていた。ハッパをかけた矢野監督は「ああやって頑張ってくれたら可能性もどんどん広げられると思う」とうなずいていた。