2019.11.5 05:03(1/4ページ)

【特別インタビュー】阪神・井上新打撃コーチ、貧打解消へ俺の考え“適材適所で得点力UP”

【特別インタビュー】

阪神・井上新打撃コーチ、貧打解消へ俺の考え“適材適所で得点力UP”

タテジマのユニホームもすっかり似合ってきた井上打撃コーチ

タテジマのユニホームもすっかり似合ってきた井上打撃コーチ【拡大】

 今季低迷した打線の再建を託され、新たに就任した阪神・井上一樹1軍打撃コーチ(48)がインタビューに応えた。掲げるのは「適材適所の起用」での得点力アップと、「野手6人レギュラー」。積極的にコミュニケーションを図り、個々と向き合って能力と意識を高めることで、競争力とチーム力を上げていく。 (聞き手・新里公章)

 --実際に入って、わかってきた部分は

 井上コーチ「この子おもろいなとか、長打力あるね、足を生かさないかんね、守備力あるね、というようなものを見極めるのがこの秋のキャンプ。(そして)1人でも『本当に戦力になる選手が出てきたね』っていうことが俺の中での目標。外から見た印象と、間近で接する印象が全然違うという子が、やっぱりいるから。特別な球団やから、ここは。注目度も本当にすごい。『あの選手はどうなんですか』『もっとこうせなあかんやろ』みたいな声は聞こえるかもしれないけれど、その選手に合った指導と、コミュニケーションをとってモチベーションを上げてあげるっていうところをやっていかなきゃダメかな」

【続きを読む】

  • 来季阪神レギュラー争い予想