2019.11.5 05:03(2/2ページ)

阪神・矢野監督、サイン出す!昨秋、今春キャンプノーサインから転換

阪神・矢野監督、サイン出す!昨秋、今春キャンプノーサインから転換

8月20日のDeNA戦で、スクイズを失敗する梅野

8月20日のDeNA戦で、スクイズを失敗する梅野【拡大】

 「来年の春(からで)は、あんまり時間ないやん。若い選手も多いし。(今季)あんまりうまくいった感じがなくて。悠輔(大山)も4番打たせていたから、俺もあんまり作戦を出してなかったけど。実戦に近づけた形で『チームとして、こうやろう』と」

 今季は6連勝締めで最下位から3位に躍進させたが、歯がゆい試合も多かった。8月20日のDeNA戦(京セラ)では梅野&青柳が連続してスクイズを失敗したことも。チーム総得点は12球団ワーストの538。勝負の分かれ目となる1点をどうもぎ取るか。今年は早くもタクトをふるい、チームに浸透させる。

 「(来年は)こういう風にやっていくというのを含めてやりたい。(選手が)作戦で『こんなことも、あんなこともできますよ』ってアピールをしてくれたら。使える幅が広がるわけだから」

 選手としても1軍へのアピールになる。スペシャリストの発掘にもつながる。勝負強い矢野野球を安芸からたたき込む。

★矢野監督のノーサイン

 昨年10月に監督に就任後、秋季キャンプで3試合、今春キャンプで8試合と、キャンプで行った計11試合は、すべてノーサインで戦わせた。選手の自主性と考える力を養わせるためで、今年3月2日、オープン戦3試合目となるソフトバンク戦(ヤフオクドーム)から「俺も(サインを出す)練習があるから」と、サインを解禁した。

  • 7日にも今キャンプ初の実戦形式の練習を行う矢野監督。サインもバンバン出す
  • 8月20日のDeNA戦で、スクイズを失敗する青柳