2019.11.3 05:03(2/2ページ)

阪神・藤浪、志願ブルペンでグッチェ連発!昌臨時コーチ直伝の復活鍵握るボール手応え

阪神・藤浪、志願ブルペンでグッチェ連発!昌臨時コーチ直伝の復活鍵握るボール手応え

特集:
藤浪晋太郎
ブルペンでチェンジアップを試す藤浪。手応えはよさそうだ(撮影・水島啓輔)

ブルペンでチェンジアップを試す藤浪。手応えはよさそうだ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 「特に変わりはないですけど。一緒です」

 多くを語ることはない。今季は制球難に苦しみ、プロ7年目にして初めて未勝利に終わった。これで3日連続のブルペン投球。近年、藤浪はキャンプで投げ込むことが多いが、山本昌直伝のチェンジアップが完全復活へ向けて1本の糸を垂らしたことは間違いない。

 チェンジアップを体に染み込ませ、さらに緩急を使うことで、本来の直球の威力も増すはず。そういう青写真を藤浪自身が描いたこそ、すぐに行動に移した。

 見守った金村投手コーチは「いい感覚を昨日聞けたと思うし、忘れないうちにやることは大事」とし「昨日の時点でいい感覚があったみたいだし、続けてやるからこそものになる」と話した。

 4日には再び山本昌臨時コーチが安芸に戻ってくる。「この練習を続けるか?」と問われた藤浪は「もちろん」と力強くうなずいた。

 レジェンドからの教えを粗末にしたくない。生かすも殺すも自分次第。「グッチェ」の数だけ、復活が近づくはずだ。 (織原祥平)