2019.11.3 16:57

ヤクルト・斎藤コーチ、筋力増求める「ジーンズのサイズが一つ上がるようにと」

ヤクルト・斎藤コーチ、筋力増求める「ジーンズのサイズが一つ上がるようにと」

秋季キャンプで投手陣の練習を見つめるヤクルトの斎藤新投手コーチ=松山市

秋季キャンプで投手陣の練習を見つめるヤクルトの斎藤新投手コーチ=松山市【拡大】

 ヤクルトの斎藤新投手コーチが3日、松山市で行われている秋季キャンプで選手のウエートトレーニングに付き添った。横浜(現DeNA)時代の1999年に個人トレーナーを付けて筋力をアップし日米で活躍した経験から、下半身の強化を求め「筋肥大させてベースを大きくすることが大事。ジーンズのサイズが一つ上がるようにと言った」と説明した。

 プロ4年目の今季、4勝6敗だった左投手の高橋は斎藤コーチから体が開き、前に突っ込む癖を指摘され「下半身を強化できたらいいし、全体的にレベルアップしたい。来季は倍くらい勝つ」と意欲的に話した。

 チームは今季セ・リーグ最下位に沈み、投手陣の再建が急務だ。斎藤コーチは練習中にも投手を積極的に褒め「否定するだけならコーチじゃなくてもいいし、インターネットに書き込めばいいだけ。能力を引き出して、覚醒に導くことが役割」と選手のやる気を引き出すことを意識している。高津新監督も「人を理解しようとする姿勢が素晴らしい」と信頼を寄せた。