2019.11.2 05:04(3/3ページ)

阪神・藤浪、昌さんチェンジアップでチェンジや!219勝左腕から密着指導

阪神・藤浪、昌さんチェンジアップでチェンジや!219勝左腕から密着指導

特集:
藤浪晋太郎
阪神・藤浪の年度別登板成績

阪神・藤浪の年度別登板成績【拡大】

 改めて藤浪の投球を間近で見た山本昌氏は「強烈だね。すごい球を投げるのは知っていたけど。100球中80球ああいうボールがいけば、絶対完封する。そういう確率をどんどん上げたい」と不振脱出の手助けにヤル気満々。50歳まで現役を続け、引き出しは球界随一。ときに大胆に、ときに繊細に導き、藤浪を生まれ変わらせる。 (織原祥平)

山本昌氏からチェンジアップを教わった阪神・石井「チェンジアップを投げる感覚が、いいストレートにつながるといわれた。僕の(チェンジアップ)は抜く意識が強かったけど、指にかけながら投げるというものだった」

山本昌氏からスローイング指導を受けた阪神・高山「ショートスローの話でした。外野手という前提ですけど、短い距離を投げることもあるので」

★2019年の藤浪VTR

 キャンプでは2016年から悩む制球難の解消に取り組み、オープン戦でも右腕を下げるなどフォームを微調整したが、納得のいく結果が得られず、3月2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で2回2安打無失点だったのを機に志願して2軍へ。プロ入り後、初めて開幕を2軍で迎えた。8月1日に1軍昇格し、同日の中日戦(甲子園)で先発するも4回1/3を4安打1失点、8四死球。翌2日に登録を抹消され、そのまま2軍でシーズンを終えた。ウエスタンでは14試合に登板して3勝6敗、防御率3・84。シーズン終了後はフェニックスリーグに参加して、中継ぎでも調整した。

チェンジアップ

 タイミングを外すために、速球と同じ腕の振りから投じる遅いボール。多くの場合、ボールは打者の手元で沈む。ボールの握り方はさまざまだが、わしづかみにするなどして力を伝わりにくくする。有名な使い手としては前田健太(ドジャース)、金子弌大(日本ハム)、岸孝之(楽天)、杉内俊哉(元ソフトバンクなど)、井川慶(元阪神など)らがいる。

  • 藤浪(右)は山本昌氏(左)から指導を受ける。鍵はチェンジアップの投げ方だ(撮影・水島啓輔)
  • 藤浪は山本昌氏の指導の下で投げる。縦に切れているかな?