2019.11.2 05:01(2/2ページ)

【矢野監督 必死のパッチトーク】昌さんがヒントくれるから意欲をもってやれていた

【矢野監督 必死のパッチトーク】

昌さんがヒントくれるから意欲をもってやれていた

練習を見守る阪神・矢野燿大監督 =安芸市営球場(撮影・村本聡)

練習を見守る阪神・矢野燿大監督 =安芸市営球場(撮影・村本聡)【拡大】

 ――最初に藤浪のところへ

 「昌さんが言うにはチェンジアップみたいなボールを投げるには、手首を立てるのが必要やと思うから。それを投げたら真っすぐもよくなるし、そういうところで晋太郎にも望月にも、ほとんどの選手にそういうところを話してくれた」

 ――投手だけでなく野手にも送球をコーチング

 「昌さんが最後のCS(ファイナルステージ)の時かな、坂本(誠志郎)のスローイングを見て『スライド回転するよね』って。こうなってるからスライドしてるんじゃない? って話をしてくれたんだけど、俺らが今まで思っていた感じとは違って面白いなって。シュート回転するような投げ方をすれば、キャッチャーってタッチもしやすいし、ボールも取りやすい。スライド回転ってランナーから遠くなるし、取りにくい。なるほどなって。投げることに関しては、野手も変わらない。外野手でもショートスローとか苦手な野手も多いんでね。みんな参考になると思う」