2019.11.2 05:01

阪神・矢野監督、マサ塾の内容明かした「無駄は無駄じゃない」

阪神・矢野監督、マサ塾の内容明かした「無駄は無駄じゃない」

矢野監督はためになる話ばかりだった山本昌氏の講義の一部を明かした

矢野監督はためになる話ばかりだった山本昌氏の講義の一部を明かした【拡大】

 阪神秋季キャンプ(1日、安芸)阪神・山本昌臨時コーチ(54)が10月31日夜にチーム宿舎で行った講義には、選手だけでなく首脳陣やスタッフも参加。一夜明けたこの日、谷本修副社長兼球団本部長(55)は「金言の嵐でした」と感動した。

 その金言の一つを、矢野監督が紹介した。

 「(印象に残ったのは)たくさんあるけどね。『無駄は無駄じゃない』っていうか。今はいろんな無駄を省いて、より効果的にうまくなろうというのがあるけど、無駄の中にも意味がある」

 約1時間の講義では、史上最年長50歳まで現役を務めた左腕の経験が凝縮されていた。その中でも虎将の心を打った話だった。若いころ、とにかく走れ…といわれた山本昌氏。今なら何を非効率なとなるところだが「肩や肘や、腕振って投げるというところでいうと、そういうところがほぐれるとか」。無駄のなかから意味を見出した。

 「指導者も昌さんから学べる部分は多い。本当に来てもらってよかったと思います」

 矢野監督もレジェンドの教えを余すことなく吸収していく。