2019.11.2 05:00

上本、FA宣言せず残留 阪神の5選手は権利行使せず

上本、FA宣言せず残留 阪神の5選手は権利行使せず

特集:
移籍・退団・引退

 フリーエージェント(FA)権行使の申請期間が1日で終了し、阪神では権利行使する選手はいなかった。

 今季は藤川球児投手(39)、能見篤史投手(40)が新たに海外FA権を取得。権利を有していた福留孝介外野手(42)、上本博紀内野手(33)、俊介外野手(32)と全5選手が権利を行使せずに残留することになった。

 秋季キャンプに参加している上本はこの日の練習後、残留の決め手について「特にない」と言いつつも「しっかりやります。頑張ります」。谷本副社長兼球団本部長は全員残留に「よかったと思います」と話した。

FA有資格選手へ