2019.11.2 12:42

ロッテ、レアード残留合意「マリーンズと幕張スシが大好きです」

ロッテ、レアード残留合意「マリーンズと幕張スシが大好きです」

ロッテ・レアード

ロッテ・レアード【拡大】

 ロッテは2日、ブランドン・レアード内野手(32)と来季の契約が合意に達したことを発表した。2年契約で、年俸は推定220万ドル(約2億3760万円)。

 レアードは日本ハムから新加入した今季、史上3人目となる開幕4試合連続本塁打を放つなど、139試合に出場して打率・248(487打数121安打)。チームトップの32本塁打、89打点をマークし、シーズン中盤は4番を任された。

 NPB通算150本塁打も達成。ロッテのシーズン30本塁打到達は、2005年の李承●(=火へんに華)(30本)以来、実に14年ぶり。待望の大砲誕生で、チームの千葉移転後最多記録を更新する158本塁打に一役買った。

 レアードは球団を通じ「私の家族と私は2020年も千葉ロッテマリーンズでプレーできることに、とても興奮している。ペナントレースを勝ち抜いて、リーグ優勝をして、CSを勝ち抜いて日本一になりたい。個人としては、あと37本に迫っている200本塁打を目指していきたい。そのために私は、ベストを尽くして懸命にプレーをすることを皆様にお約束します。マリーンズファンは素晴らしく、来年もきっと私のすしパフォーマンスを期待してくれていると思っている。私も千葉ロッテマリーンズと幕張スシが大好きです。幕張スシ、さいGO(さあ、行こうと最高の意味)」とコメントした。