2019.11.2 15:21

菊池涼&長野、FA権行使せずで「取り敢えずこれで監督も安心」

菊池涼&長野、FA権行使せずで「取り敢えずこれで監督も安心」

北別府学氏

北別府学氏【拡大】

 広島は1日、菊池涼介内野手(29)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使しないと発表した。長野久義外野手(34)もこの日、海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することを表明した。

 元広島投手の北別府学氏(62)はこの日、ブログで「菊池、長野両選手がFA権を行使しないとのこと 取り敢えずこれで監督も安心して来季の構想が立てられます 菊池の場合、海外ポスティングの可能性はまだありますが」とつづった。

 菊池涼は8年目の今季、138試合に出場して打率2割6分1厘、13本塁打、48打点。球界屈指の二塁手として、7年連続でゴールデングラブ賞に選ばれた。

 長野は福岡・筑陽学園高から日大、社会人のホンダを経て、ドラフト1位で巨人入りした2010年に新人王に輝き、11年に首位打者、12年には最多安打のタイトルを獲得。巨人に移籍した丸佳浩外野手の人的補償で広島に加入した今季は、プロ10年目で最少の72試合の出場にとどまった。