2019.11.1 05:03(1/2ページ)

ソフトバンク・内川、史上最遅19年目で初GG賞!パ一塁手初の堂々失策0で

ソフトバンク・内川、史上最遅19年目で初GG賞!パ一塁手初の堂々失策0で

一塁を守る内川。シーズン守備率10割で、初めての栄誉を手にした

一塁を守る内川。シーズン守備率10割で、初めての栄誉を手にした【拡大】

 プロ野球の守備の名手に贈られる「第48回三井ゴールデングラブ賞」が31日に発表され、パ・リーグの一塁手でソフトバンク・内川聖一内野手(37)が初受賞。プロ19年目で“史上最も遅い”受賞となった。球団別では、日本一になったソフトバンクの4人が両リーグを通じて最多。表彰式は28日に東京都内で行われる。

 37歳のベテランに、新たな勲章が加わった。2014年にセ・リーグの一塁手で選ばれた森野将彦(中日)の18年目を上回り、“最も遅い”19年目での初受賞に、内川は球団を通じて喜びのコメントを発表した。

 「夢が現実にという気持ちで、うれしいという言葉だけでは言い表せない」

 今季は137試合に出場して130試合で一塁を守り、失策はゼロ。一塁手で守備率10割での受賞は史上3人目、パ・リーグでは初の快挙だ。記者投票で124票を集め、2位・山川(西武)に71票の大差をつけた。

【続きを読む】