2019.10.28 05:02(1/2ページ)

阪神・小幡、秋季C抜てき!平田2軍監督、守備力に太鼓判「北條ビビる!?」

阪神・小幡、秋季C抜てき!平田2軍監督、守備力に太鼓判「北條ビビる!?」

DeNA戦で軽快な守備をみせる小幡。秋季キャンプで“カンフル剤”となる(撮影・榎本雅弘)

DeNA戦で軽快な守備をみせる小幡。秋季キャンプで“カンフル剤”となる(撮影・榎本雅弘)【拡大】

 フェニックス・リーグ(27日)阪神は27日、高知・安芸で31日から行われる秋季キャンプに参加する34選手を発表し、小幡竜平内野手(19)が抜てきされた。高卒ルーキー野手では2015年の植田海以来。この日のフェニックス・リーグのDeNA戦(宮崎アイビー)で1安打を放ち、サヨナラのホームイン。守備力に定評があり、今季102失策で12球団ワーストに終わったチームに刺激を与える。

 宮崎に朗報が届いた。将来性あふれる高卒ルーキーが大抜擢。小幡が高知・安芸での秋季キャンプのメンバーに選ばれ、落ち着いた口調で意気込んだ。

 「すごくありがたいです。一番(年齢が)下で、元気のよさというのはテーマでもあったので意識していきたい」

 軽い身のこなしと肩の強さ、安定感のある送球で守備には定評がある。本職は遊撃だが、二塁の守備にもウエスタンで2試合ついた。今季ウエスタンで99試合に出場し、打率・225、1本塁打、14打点。打撃では少し苦しんだところもあるが、遊撃ではチームトップの93試合で守備についた。「まだまだですけど、最初の方に比べれば自分のものになってきている部分もある」と、経験を積んで手応えもつかんできている。

 この日、フェニックス・リーグのDeNA戦に出場し、三遊間への深い打球の処理にもたつくと、一塁への送球が逸れ、1失策こそ記録。それでも、残りの4度の守備機会では無難に打球を処理すると、打撃では1-1の九回。先頭で打席に立つと、4年目右腕の赤間から右前打を放ち、サヨナラとなるホームを踏んだ。

【続きを読む】

  • ゴロを裁く小幡。高卒ルーキーながら、守備には定評がある
  • 阪神・今季遊撃出場選手
  • 阪神・秋季キャンプメンバー