2019.10.28 18:13

米紙、WS観戦のトランプ大統領へ「満員の観客から激しいブーイングが浴びせられた」

米紙、WS観戦のトランプ大統領へ「満員の観客から激しいブーイングが浴びせられた」

米大リーグ、ワールドシリーズ第5戦を観戦するトランプ大統領(中央)=27日、ワシントン(AP)

米大リーグ、ワールドシリーズ第5戦を観戦するトランプ大統領(中央)=27日、ワシントン(AP)【拡大】

 米大リーグの王者を決めるワールドシリーズ(WS)第5戦が27日(日本時間28日)、ワシントンのナショナルズ・パークで行われ、トランプ大統領が観戦に訪れた。米紙「USA TODAY」(電子版)はこの日、「トランプ大統領のワールドシリーズ観戦はこれが最後かもしれない」との見出しで、同大統領が場内に紹介されたときの様子を伝えた。

 三回終了時、球場のセンター付近にある大型スクリーンに、米国内のスポーツ会場では恒例となっている退役軍人らに敬意を表す催しの様子が映し出された。彼らひとりひとりの名前が紹介され、観客はスタンディングオベーションで拍手を送った。しばらくしてその画面が切り替わってトランプ大統領の姿が映し出されると、その拍手が一瞬にして球場全体のブーイングに変わった。

 記事は「彼(トランプ氏)の名前が満員の観客にアナウンスされると、トランプ氏に激しいブーイングが浴びせられた。それは強烈かつ長く続いた」としたが、「そのスクリーンの映像がトランプ氏から再び退役軍人に切り替わると、観客のブーイングはすぐさま拍手に戻った」と伝えた。

 同紙は「トランプ大統領は熱心なスポーツファンとして知られ、ゴルフコースを所有したり、かつてはフットボールチームを持ったこともあったが、大半のスポーツの試合には姿を表さない理由がわかった。おそらく彼はメジャーリーグの試合にしばらく姿を見せないだろう」と報じた。

 試合はアストロズが7-1で地元のナショナルズを下して敵地で3連勝(2敗)として、2年ぶりのワールドシリーズ優勝に王手をかけた。

  • 米大リーグ、ワールドシリーズ第5戦を観戦するNBAウィザーズの八村(中央)=ワシントン(共同)
  • 米大リーグ、ワールドシリーズ第5戦を観戦するNBAウィザーズの八村(中央)=ワシントン(共同)