2019.10.27 15:03

法大が連勝で勝ち点4、青木監督「可能性が1%残っている」/東京六大学

法大が連勝で勝ち点4、青木監督「可能性が1%残っている」/東京六大学

同点本塁打を放った法大・福田光輝内野手(右)と決勝二塁打を放った斉藤大輝内野手が勝利後にインタビューを受けた(撮影・赤堀宏幸)

同点本塁打を放った法大・福田光輝内野手(右)と決勝二塁打を放った斉藤大輝内野手が勝利後にインタビューを受けた(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球秋季リーグ戦第7週第2日は27日、東京・神宮球場で行われ、第1試合の法大-東大2回戦は、法大が6-4で東大に逆転勝ちし、2連勝で勝ち点を4に伸ばした。

 法大は8勝2敗の勝ち点4で終え、開幕から8連勝の慶大が最終週の早慶戦で連敗し勝ち点4の8勝2敗で終えた場合、首位に並び優勝決定戦となる。

 東大に一回に犠飛で先制され、三回に4番・青山海内野手(4年)の左中間二塁打で2点を追加された。四回に法大は1点を返したが、六回にまた3点差に広げられる展開となり、七回に2点を返し、八回に主将の3番・福田光輝内野手(4年)の右越えソロで追いつき、2試合連続先発の東大の左腕・小林大雅投手(4年)から初スタメンの1番・斉藤大輝内野手(1年)の右翼線三塁打で勝ち越し、さらに1点を加え、試合を決めた。

 法大・青木久典監督は、「しんどい試合だった。東大の小林(大)投手は、すばらしい気迫、気力の投球だった。もっと打ってほしかったが、福田が同点の本塁打を打ってくれたのは、やっぱりキャプテンとしてだったと思う。(優勝決定戦の)可能性が1%残っていると思って、練習を続けていく」と話した。