2019.10.24 05:03(2/2ページ)

虎の文枝や!阪神D3位・及川、“オヨヨ”と呼んで「球界を代表する投手に」

虎の文枝や!阪神D3位・及川、“オヨヨ”と呼んで「球界を代表する投手に」

特集:
2019ドラフト情報
桂文枝

桂文枝【拡大】

 最速153キロの速球を武器に、大船渡・佐々木朗希(ロッテD1位)、星稜・奥川恭伸(ヤクルトD1位)、創志学園・西純矢(阪神D1位)とともに「高校BIG4」と呼ばれた逸材。中学時代はU-15日本代表として同W杯で最優秀投手に選出され、“スーパー中学生”としてすでにプロと対戦していた。中学3年でテレビ朝日「ビートたけしのスポーツ大将」に出演。中日・平田から高めの138キロの直球で空振り三振を奪って「普通にプロが投げるボールと変わらなかった」と脱帽させた。“竜キラー”の素質は十分だ。

 「球界を代表するような投手になって、日本代表のユニホームで戦いたい。タイトル的なものでいったら、10勝以上は目指してやっていきたい」

 期待の左腕、虎にいらっしゃ~い!! 虎の文枝が“オヨヨコール”を浴びる。(織原祥平)

★オヨヨ

 桂文枝の人気ギャグ。元々は三枝時代に出演していたカンテレのお見合いバラエティー番組「パンチDEデート」(1973年10月~85年3月放送)での決めせりふで、驚いたときに使うフレーズ。時代劇映画「忠臣蔵」で大河内伝次郎演じる大石内蔵助のモノマネから派生した。

及川 雅貴(およかわ・まさき)

 2001(平成13)年4月18日生まれ、18歳。千葉・匝瑳(そうさ)市出身。小3で野球を始め、須賀スポーツ少年団から匝瑳リトルシニアへ。U-15日本代表に選出され、16年のU-15W杯では大会最優秀投手に選ばれた。横浜高では1年春からベンチ入り。甲子園では1、2年夏、3年春の計4試合で登板。183センチ、74キロ。左投げ左打ち。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へドラフト情報へ

  • タイガースのロゴが入ったボールを掲げる及川。“虎の文枝”を襲名する(撮影・松永渉平)