2019.10.22 05:02(1/2ページ)

打率1分上げる!阪神・井上一樹新1軍打撃コーチ、さっそくマニフェスト

打率1分上げる!阪神・井上一樹新1軍打撃コーチ、さっそくマニフェスト

就任会見に臨む井上コーチ。明確な目標を設定した(撮影・甘利慈)

就任会見に臨む井上コーチ。明確な目標を設定した(撮影・甘利慈)【拡大】

 阪神は21日、来季の1軍打撃コーチに元中日2軍監督の井上一樹氏(48)が就任することを発表した。背番号は「99」。同日、西宮市内の球団事務所で会見が行われ、井上コーチはチーム打率の1分アップを約束。指導を始める22日の秋季練習から「最重要強化選手」を定め、耐久性のある選手を作ることを宣言した。

 濃紺のスーツに身を包み、ほとばしるエネルギーを抑えきれなかった。井上新1軍打撃コーチの所信表明は実にわかりやすかった。チーム打率の1分アップ。具体的に自らにハードルを課した。

 「チーム打率は・250(実際は・251。リーグ4位)ぐらいでしたかね。これを1分上げること、そして得点力を上げること、そしてなおかつ、長打力がもうちょっとほしい部分もある。そこをひもといていった場合、無理ではないのかなという部分はあります」

 今季、チーム打率・260を超えたチームはセ・パ両リーグでわずか2球団(中日の・263、西武の・265)。12球団トップのチーム防御率3・46を誇る投手陣を考えれば1分の上積みは大きい。今季の計4835打数で単純計算すればチームで49安打の上乗せで・261に到達できる。

 22日の秋季練習から指導を開始する井上コーチは線引きを明確にすることを語った。

 「最重要強化選手っていうのがいてもいい。やっぱりチームを強くするために、チームに足らない部分はどこなのかっていったときに、お前が頑張らなきゃダメだろって選手は絶対いる」

【続きを読む】

  • 就任会見で記者の質問に答える阪神・井上1軍打撃コーチ=球団事務所(撮影・甘利慈)
  • 阪神・最近10年のチーム打率
  • 12球団の今季チーム打撃成績