2019.10.18 16:56

亜大・松本健、3連投で残留貢献「自分しかいないと思って投げた」/東都

亜大・松本健、3連投で残留貢献「自分しかいないと思って投げた」/東都

 東都大学野球リーグ第6週第3日は18日、神宮球場で3回戦2試合が行われ、東洋大が国学院大に7-2で快勝し、2勝1敗で勝ち点を2とした。駒大に7-6で競り勝った亜大も2勝1敗で同2。

 亜大の松本健は駒大戦3連投で1部残留に貢献した。後半の4回を3失点でしのいだ2年生は「自分しかいないと思って投げた。とにかくチームが勝って良かった」と胸をなで下ろした。

 16日の1回戦は無安打無得点試合達成まであと3人に迫りながら逆転負け。最後は疲労が隠せなかったが「生田監督からここで強くならないといけない、と言われた。練習してきたことが出せた」と白星を喜んだ。