2019.10.18 05:01

オリD1位は興南高・宮城 2度くじ外すも将「素晴らしい」左腕/ドラフト

オリD1位は興南高・宮城 2度くじ外すも将「素晴らしい」左腕/ドラフト

特集:
2019ドラフト情報
宮城(左)はオリックスから1位指名を受け、母・礼子さん(右)と握手する

宮城(左)はオリックスから1位指名を受け、母・礼子さん(右)と握手する【拡大】

 プロ野球ドラフト会議(17日、グランドプリンスホテル新高輪)投手王国へ、また1つピースが加わった。オリックス・西村監督は、外れ外れ1位で交渉権を獲得した宮城大弥投手(興南高)に、大きな期待を寄せた。

 「将来性のある素晴らしい投手。取れてよかった。ストレートとスライダーがすごくいいと聞いている。将来性を考えれば、いい投手を指名できた」

 3球団競合となった石川昂弥内野手(東邦高)、日本ハムと一騎打ちとなった河野竜生投手(JFE西日本)の抽選では敗れたが、ポテンシャルの高い左腕をゲット。山岡、山本、田嶋ら若手が形成する強固な投手陣に近い将来、食い込んでくる素材だ。

 まだ高校生なだけに「最初は無理せず、気楽にやってもらえたら」とエール。金の卵を大事に育成していく。 (西垣戸理大)

オリックス2位・紅林弘太郎内野手(駿河総合高)「高校日本代表の合宿で(大船渡高の)佐々木投手と対戦した時は三振を喫した。別格の選手だと感じたが、同じリーグで戦えるので次はリベンジしたい」

オリックス4位・前佑囲斗投手(津田学園高)「プロになるのを目標にやってきた。数年後には1軍で活躍する選手を目指したい」

オリックス1位・宮城大弥投手(興南高)「自分の特徴を生かし、若い選手たちに負けないようにしたい。高校の先輩である大城滉二さんがいるので、一緒に1軍で頑張りたい」

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ