2019.10.17 05:04

中日、東邦・石川一本釣りも!与田監督期待「将来根尾と2人で中軸を」

中日、東邦・石川一本釣りも!与田監督期待「将来根尾と2人で中軸を」

運命の日の前日も、石川は木製バットで打ち込んだ(撮影・須藤佳裕)

運命の日の前日も、石川は木製バットで打ち込んだ(撮影・須藤佳裕)【拡大】

 中日・与田剛監督(53)は16日、東京都内のホテルで開いたスカウト会議後、地元・愛知県出身の東邦高・石川昂弥内野手(3年)を1位指名すると公表した。

 「右の長打力のある打者で、将来は(昨年1位の)根尾と石川と2人で中軸を打てるようなチームにしていきたい、という期待から決めた」と与田監督。石川は高校通算55本塁打を放ち、今春の選抜大会はエース兼主砲として、優勝へ導いた。星稜高・奥川も1位の有力候補だったが、石川はU18W杯で4番を務めた際に木製バットでも対応できていたことで、評価がさらに上がった。

 石川はこの日、学校のグラウンドで練習。「あしたがゴールではないので、そこだけは勘違いしないように」とドラフト前日の心境を明かすと同時に、「目標は三冠王。打率は一番意識していきたい」と、早くもプロでの壮大な目標も掲げた。

志望届提出者・高校志望届提出者・大学

  • ドラフト会議を前日に控え取材に応じた東邦高・石川昂弥内野手(撮影・須藤佳裕)