2019.10.16 08:00

【令和の逸材】投手編 東芝・宮川哲、大学時代1週間で2000球!タフさが持ち味

【令和の逸材】

投手編 東芝・宮川哲、大学時代1週間で2000球!タフさが持ち味

東芝・宮川哲投手は、球数制限無用の鉄腕(撮影・赤堀宏幸)

東芝・宮川哲投手は、球数制限無用の鉄腕(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 今秋のドラフト会議は大船渡高・佐々木、星稜高・奥川、明大・森下の3投手に視線が集まるが、他にも逸材がそろう。サンケイスポーツアマチュア野球担当の赤堀宏幸記者が注目する2人を紹介。“投”の注目は、東芝の最速154キロ右腕・宮川哲投手(24)だ。

 即戦力投手に求められる「投げ抜く力」でいえば、宮川は文句なしに1位候補といえる。

 「投げ過ぎと思ったことはない。(上武)大学時代、1週間に2000球投げたこともある」と宮川は胸を張る。社会人野球で連投は当たり前。タフさが最大の持ち味だ。どんな場面で投げるとか、一切無関係。「投げたがり」という同僚の声すらある。

 上武大の春のキャンプでは「300球以上×3日間」、1日休みを挟んで「300球以上×3日間」をやった後、何の違和感もなかったという。

 打者を抑えるための投球術、球威、スピードがあり、投げっぷりは巨人・沢村タイプといわれる。プロ野球のペナントレースを戦うためにはスタミナが必要。宮川は先発ならローテーションを守り続け、セットアッパー、クローザーなら全試合ベンチ入りが可能だ。「球の力で12人(1位候補)のリストに入る」という楽天・後関スカウト部長の言葉通りに、17日にはその名がコールされるはずだ。 (赤堀宏幸)

宮川 哲(みやがわ・てつ)

 1995(平成7)年10月10日生まれ、24歳。奈良県出身。山形・東海大山形高では甲子園出場なし。上武大では大学選手権、明治神宮大会ともに3度出場。社会人の東芝で都市対抗出場。最速154キロ。武器はフォークボール、スライダー。177センチ、82キロ。右投げ右打ち。