2019.10.14 02:30(3/3ページ)

阪神、秋季キャンプ臨時Cに山本昌氏招へいへ!藤浪再生へ219勝左腕のエキス注入

阪神、秋季キャンプ臨時Cに山本昌氏招へいへ!藤浪再生へ219勝左腕のエキス注入

特集:
藤浪晋太郎
シーズン中、甲子園のケージ裏で話す山本昌氏(右)と矢野監督

シーズン中、甲子園のケージ裏で話す山本昌氏(右)と矢野監督【拡大】

 今季の阪神のチーム総得点538は両リーグワースト。今季は開幕から大山を生え抜きの4番打者に育てるべく矢野監督も起用を続けたが、大成とはならなかった。また同じ投手に何度もやられるなど、戦略面でも課題を残した。

 育成と結果という難しい問題に挑みながら、近本、木浪の新人コンビや高山、北條、中谷ら若手の多い野手陣を開花させるべく、豊富な指導経験と、勝負強さを持つ井上氏を招へいする。

 シーズンが終わったことで井上氏ら新たなコーチ、さらに配置転換や1、2軍の入れ替えなども視野に、早急に新組閣へ動き出す。

山本 昌(やまもと・まさ)

 本名は山本昌広(やまもと・まさひろ)。1965(昭和40)年8月11日生まれ、54歳。神奈川県出身。日大藤沢高から84年D5位で中日入団。最多勝3度、ベストナイン2度、最優秀防御率と最多奪三振を1度ずつ受賞。94年沢村賞。2006年には史上最年長でノーヒットノーラン、08年には通算200勝。15年にはNPB史上初の50歳出場、登板を果たし現役引退。通算成績は581試合に登板し、219勝165敗5S、防御率3・45。186センチ、87キロ。左投げ左打ち。

井上 一樹(いのうえ・かずき)

 1971年7月25日生まれ、48歳。鹿児島商高から90年ドラフト2位で中日に入団。5年目に投手から野手に転向。99年には開幕から21試合連続安打を記録するなど、強打の外野手として活躍。投手としての通算成績は9試合登板、0勝1敗、防御率6・75。打者としての通算成績は1215試合出場、打率・275、79本塁打、349打点。引退後は2013年まで、中日1軍打撃コーチ、2軍監督を歴任。184センチ、93キロ。左投げ左打ち。

  • 1軍打撃コーチには井上氏を招へいする