2019.10.14 05:01

金田氏葬儀に王会長ら210人 生前の希望通り村田兆治氏が弔辞

金田氏葬儀に王会長ら210人 生前の希望通り村田兆治氏が弔辞

故・金田正一氏の葬儀・告別式の様子(株式会社カネダ企画提供)

故・金田正一氏の葬儀・告別式の様子(株式会社カネダ企画提供)【拡大】

 国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代最多の通算400勝を挙げてロッテで監督も務め、6日に急性胆管炎による敗血症のために死去した金田正一氏(享年86)の葬儀・告別式が13日、東京都内で営まれた。近親者や巨人で一緒にプレーしたソフトバンク・王貞治球団会長(79)、張本勲氏(79)ら約210人が訪れ、別れを惜しんだ。

 生前の希望に沿って弔辞は、金田氏のロッテ監督時代に投手として共に1974年の日本一を経験した村田兆治氏(69)が読んだ。喪主で長男の賢一さん(58)は「温かい村田さんの言葉をいただいた。いい雰囲気で、アットホームにできました」と述べた。戒名は付けないという。

 葬儀・告別式は家族葬として営まれ、後日、「お別れの会」が行われる予定。

主な参列者

 王貞治、張本勲、谷沢健一、堀内恒夫、桑田真澄、松村邦洋、ブルゾンちえみ(敬称略)