2019.10.13 05:03(1/2ページ)

阪神・西、男気先発!打球直撃の左足「痛いとか言っている場合ではない」

阪神・西、男気先発!打球直撃の左足「痛いとか言っている場合ではない」

第4戦に先発する西。けがを乗り越え、チームを救う

第4戦に先発する西。けがを乗り越え、チームを救う【拡大】

 “男気登板”で望みつなぐ!! 阪神・西勇輝投手(28)が、13日の巨人との第4戦(東京ドーム)に先発する。5日のCSファーストステージ・DeNA戦(横浜)で左足に打球が直撃。負傷した親指の爪は完治していないが、負ければ敗退のチームを救うため、マウンドへ上がる。

 大黒柱が、大一番で戻ってくる。12日に予定されていた第4戦は13日に順延となったが、もう1敗もできない状況は変わらない。崖っ縁のマウンドを託された西が、満身創痍でチームを勝利へ導く。

 「できる限りのことはしたので、最後は痛いとか言っている場合ではないので。しっかり自分ができることをやっていければいいと思います」

 5日のDeNA戦で一回に宮崎の打球が左足を直撃。親指の爪を負傷し、わずか12球で降板した。エースを襲ったまさかのアクシデント。「投げられない身だったので、もどかしいというか」。その後、チームはファーストステージを突破したが、巨人とのファイナルステージでも力になれていないことが辛かった。

【続きを読む】

  • 5日打球直撃の左足は「痛いまま」