2019.10.13 05:02

ソフトB、日本S決める!中6日で万全バンデンが出陣

ソフトB、日本S決める!中6日で万全バンデンが出陣

休養十分。CSに強いバンデンハークが軽快に汗を流した(撮影・村本聡)

休養十分。CSに強いバンデンハークが軽快に汗を流した(撮影・村本聡)【拡大】

 レギュラーシーズン2位のソフトバンクは12日、メットライフドームで投手指名練習を行った。パ1位の西武に3連勝(リーグ優勝チームに与えられる1勝のアドバンテージを含め、3勝1敗)としており、13日の第4戦に勝てば3年連続で日本シリーズ進出となる。この日の台風接近による中止でリック・バンデンハーク投手(34)は中6日と充電完了。工藤公康監督(56)は「ポジティブな要素が強い」とうなずいた。

 メットライフドームの屋根に大粒の雨がたたきつけるなか、決戦に備えて鷹の先発陣が動いた。およそ1時間半ほど。雨脚が強まり、暴風圏が近づく前には球場を後にした。日本シリーズ進出に王手をかけている工藤監督は、この日の中止を前向きにとらえていた。

 「僕としてはポジティブな要素が強い。バンデンハークもさらに1日空いて投げられるし、リリーフ陣も休めるのが大きい」

 前夜も快勝し、リーグ連覇の西武相手に3連勝。台風には逆らえず、小休止となったが、ファーストステージから戦い続けるナインにとって、貴重な休養日となった。

 指揮官が名指ししたように13日の第4戦に先発するバンデンハークにとっては大きい。登板間隔が中5日から中6日となり、万全な状態で臨める。6日のファーストステージの楽天戦で四回途中4失点と崩れたものの、2015年からCSでは6戦4勝の右腕。「フロリダで投げていたときもハリケーンで中止とかはよくあった。同じような感じだね」とマーリンズ時代の経験を踏まえて問題なしを語った。

 「無心で試合をやるのが大事と思う。全力を尽くしてやるだけ」と指揮官。

 内川に代打・長谷川勇を送れば適時打を放ち、中村晃を3試合ぶりにスタメンに出せば3打点など、采配がズバズバと的中している。昨年同様、また西武に涙を流させる瞬間は刻一刻と近づいている。投打ともに充電完了。一気に鷹が決める。 (西垣戸理大)

CS日程へ

  • 台風接近により中止。メットライフドームの外は大荒れだった
  • 3連勝中の「3」!?工藤監督は柔和な表情で練習を見守った