2019.10.12 05:03

阪神・球児、劇勝呼んだ2回0封!「全然疲れてないよ」

阪神・球児、劇勝呼んだ2回0封!「全然疲れてないよ」

特集:
藤川球児
最後を締め、マウンドでナインと喜び合う藤川(中央)。頼もしすぎる守護神だ(撮影・今野顕)

最後を締め、マウンドでナインと喜び合う藤川(中央)。頼もしすぎる守護神だ(撮影・今野顕)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦、巨人6-7阪神、巨人3勝1敗、11日、東京D)落ち着かない試合を、誰より落ち着いた男が堂々と落ち着かせた。またも八回からの2回をゼロ封。藤川の右腕が白星をたぐり寄せ、そのままつかみ取った。

 「きのう(10日)、おとといとはまた違ったこういう試合ができて、ファンの方もついてきてくれるんじゃないか。(回またぎは)全然疲れてないよ。ことしはずっと、1イニングだけで投げさせてもらってきたから」

 7日のDeNAとのファーストステージ第3戦(横浜)でも大雨の中で2回0封セーブ。ファイナルステージ進出を決めた。虎のため、ファンのためなら、一肌どころか“何肌でも”脱げる。

 この日は同点の八回から登板し、山本、陽、亀井を退け三者凡退。そして直後の九回先頭で大山に劇弾が飛び出すと、当然のようにその裏もマウンドへ。次はGが誇る主軸3人が相手だったが、坂本勇を中飛、丸を空振り三振、岡本を遊ゴロに斬って試合を締めた。

 今季はレギュラーシーズンでも巨人戦10試合に登板し、1勝0敗、1ホールドに5セーブ。防御率0・00と圧倒的な強さを見せた。宿敵とのCS。やはり藤川は、強烈な意地を見せた。

 「また次に行ける。そういうことでしょう。みんなに喜んでもらいたいですから」

 このCSだけでも1勝&2セーブ。しかも13日の第4戦からはセットアッパーのジョンソンも戻ってくる。盤石の救援陣。1つでも多くの歓喜のため、守護神・藤川はまだまだ投げる。 (長友孝輔)

試合結果へCS日程へ

  • 八回から2イニング、東京ドームのマウンドに仁王立ちだ!