2019.10.11 23:30(1/2ページ)

初勝利の阪神・矢野監督「思い切り楽しんで、ジャイアンツを冷や冷やさせたい」

初勝利の阪神・矢野監督「思い切り楽しんで、ジャイアンツを冷や冷やさせたい」

  • 9回、ソロ本塁打を放った大山を出迎える阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 勝利し、大山と抱き合う阪神・藤川(右)=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 大山とタッチを交わす阪神・近本(右)=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • ヒーローの阪神・大山=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 最後を締めて吠える阪神・藤川=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 9回、ソロ本塁打を放つ阪神・大山=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 8回、投球する阪神・藤川=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、投球する阪神・岩崎=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 7回内野安打を放つ阪神・大山=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 5回、巨人・岡本に本塁打を浴びた阪神・ドリス=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 5回、三振に倒れる阪神・大山=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 5回、適時打を放つ阪神・高山=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 5回適時打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 5回3点適時三塁打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 4回、投球する阪神・島本=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 4回、安打を放つ阪神・陽川=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 3回ベンチに戻り、グローブを叩きつける阪神・ガルシア=東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)
  • 3回、巨人・岡本に2点適時二塁打を浴びた阪神・ガルシア=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 3回途中で降板する阪神・青柳(右)=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 3回、安打を放つ阪神・近本=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 3回ソロ本塁打を放つ阪神・梅野=東京ドーム(撮影・福島範和)
  • 先発の阪神・青柳=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 1回、二塁打を放つ阪神・北條=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

 阪神は11日、巨人とのクライマックスシリーズ第3戦(東京ドーム)に7-6で勝ち、初勝利をあげた。矢野燿大監督はチーム一丸の試合の最後に飛び出た大山のV弾を喜び、逆襲を誓った。

 ◇

 --期待してきた大山が試合を決めた

 「うれしいです」

 --チーム全員で勝った

 「ウチの野球はこういう野球なのでね。ホントに誰か1人だけでは勝てない。ウチらしく、つなぐ野球をできたなと思います」

 --ようやく打線がつながった

 「苦しい場面からシーズンも何とかつないできましたし、選手も四球とか、そういうのでしっかりつないでこういうゲームを作ってくれました」

 --投手も踏ん張った

 「毎日、シーズン最後から本当に大変な場面で行ってくれている。本当に投手陣には感謝です」

 --なんとか1勝した

 「1個でいいと思っていない。4つ取ります」

 --12日は台風で第4戦は13日に順延

 「今日みたいな野球をウチはするだけなので。全員で楽しんでいきます」

 --大山はそれまでの打席内容を考えれば…

 「まあね。まあまあ。でも、結果そういうふうに目立っちゃうというかね。悠輔(大山)がヒーローなんだけど。ヒーローというか。よく打ったんだけど。一人じゃないよね。こんなゲームは一人でできないし。あいつも何かをきっかけにしてほしい部分の一本になればいいしね。昨日、初めて試合に出なかったんかな。そういうことも経験しながらね。悔しい中からね。順調にいっているときも成長はしているけどね。そういうところから成長していける部分もあると思うしね。そういう一本になってくれたらなと思います」

 --交代も考えたのでは

【続きを読む】