2019.10.11 08:00

【エモやんの舌好調】攻守において中途半端…弱気に見える阪神・矢野さい配

【エモやんの舌好調】

攻守において中途半端…弱気に見える阪神・矢野さい配

1回、丸佳浩を併殺に抑えるも先制点を与え表情がくもる阪神・高橋遥=東京ドーム(撮影・水島啓輔)

1回、丸佳浩を併殺に抑えるも先制点を与え表情がくもる阪神・高橋遥=東京ドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、巨人6-0阪神、巨人3勝、10日、東京D)完全な力負けだった。力負けになった理由を探ると中途半端に行き着く。ミラクルなのか拾いものなのかは別にして、せっかくCSファイナルまで来たのだ。この舞台で経験を積めばいいのに、その戦いが全くできていない。

 先発・高橋遥を二回であっさり交代させた。先発をすぐに交代させる継投でここまで来た。勝ちたいから、この日も…ということなのだろう。でも、高橋遥は育てなければいけない投手。首脳陣は常々そう言ってきた。

 しかも、交代させるほど内容は悪くなかった。シーズン最終盤の緊迫した試合は、高橋遥にとっても成長するための貴重な舞台になったはず。2イニングで交代では、それも得られない。

 攻撃面でも同じことがいえる。運が悪いことにメルセデスがことし一番いい投球をした。両サイドに投げておけば打たれない、と自信たっぷりに投げ込んだ。とはいえ、簡単に早いカウントから打っているだけで、各打者から「この、いい舞台で戦えている」という思いが伝わってこない。

 結果的に中途半端で弱気に見えるさい配ばかりがクローズアップされしまっている。

 もう後がないのは、言われなくても分かっているだろう。ありきたりだが開き直るしかない。開き直って、この舞台まで来たのだから。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ