2019.10.11 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督、“土俵際ギリギリ”も諦めん!「うちは4連勝しかない」

阪神・矢野監督、“土俵際ギリギリ”も諦めん!「うちは4連勝しかない」

崖っ縁の矢野監督。苦しいときこそ、楽しむ!(撮影・宮沢宗士郎)

崖っ縁の矢野監督。苦しいときこそ、楽しむ!(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦、巨人6-0阪神、巨人3勝、10日、東京D)力の差を見せつけられた。「必要な負け」だった前夜とは違い、完膚無きまでにたたきのめされた。王手をかけられ、後がなくなった矢野監督が選手に求めるものは「ない」。開き直ったかのように、貫き続けてきた信念を唱えた。

 「苦しいときにどうやって楽しむか。苦しいときこそ前を向いたり、苦しい状況を楽しむのは、なかなか簡単なことじゃない。だけど、そう言って、ずっとチームとしてやってきたんでね」

 レギュラーシーズンで6度対戦し、一度も土をつけられていないメルセデスに対し、動いた。近本を2試合ぶりに1番に戻し、左打者への被打率(・302)が右打者(・286)よりも高ければスタメンに左打者を6人並べた。一回には北條が二盗、三回には近本が二盗成功と揺さぶりもかけたが、あと1本が出なかった。

 四回以降はたったの1安打で完封負け。DeNAと対戦した6日のファーストステージ第2戦の六回を最後に30イニング連続適時打なし。先発・高橋遥を2回1失点で降板させたように、この日も継投を積極的に繰り出したが、わずか3安打ではさすがに勝てない。

【続きを読む】

  • 五回、併殺に倒れた木浪(一塁手は岡本)。打線がつながらない
  • ベンチから戦況を見つめる阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・水島啓輔)
  • 阪神・矢野監督=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 阪神・今季CSあゆみ