2019.10.10 08:00

【エモやんの舌好調】阪神、先発は能見でよかったのではないか

【エモやんの舌好調】

阪神、先発は能見でよかったのではないか

江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)基本的に結果論は好きではないけれど、この試合に関してはちょっと言わせてもらう。テーマは「短期決戦でのベテランの起用法」だ。

 まず鳥谷。4点ビハインドの五回無死一塁から代打で登場して二ゴロ併殺打に終わったが、ここは若手で良かった。今季限りで退団するとはいえ、相手はまだまだ嫌がる打者だ。ならば、もっと終盤の得点圏に走者がいる場面が面白かったのではないか。経験が生かされる打席のほうが、鳥谷の持ち味は出たはず。

 望月の先発起用にもひと言。いろいろな事情があるのは理解する。でも、CSファイナルの初戦にシーズン1勝の投手はあまりに荷が重い。意外な人選でも、予告先発ルールがある以上、奇襲にもならない。案の定、いきなり若い投手が出ていったら、往復ビンタを食らわされて「スミマセンでした」で終わった試合になってしまった。

 この難しい試合で、先発を任せるのなら能見だったのではないか。どうせ長いイニングは投げさせないはず。短いイニングで、何とかうまく滑り出したいのなら、経験豊富なベテランの力を借りるべきだった。

 短期決戦ならではのベテランの起用法がある。それを阪神は誤ったような気がする。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ