2019.10.10 05:01

阪神・近本、ライナー性の当たりを好捕「守りでも流れつかもうと」

阪神・近本、ライナー性の当たりを好捕「守りでも流れつかもうと」

七回、亀井の打球をフェンス際で好捕する近本。ノーヒットも、守備で奮闘した(撮影・水島啓輔)

七回、亀井の打球をフェンス際で好捕する近本。ノーヒットも、守備で奮闘した(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)CS初の「2番」で先発出場した近本は4打数無安打に終わった。「真っすぐを打ちにいけなかった。山口さんと小林さんに自分の考えを読まれてしまいました」。それでも中堅の守備では七回1死、亀井のライナー性の当たりをフェンスにぶつかりながら好捕。「守りからでも流れをつかめればと思ったんですけど。(あしたは)チームが勝てるようにしたいです」と力を込めた。

試合結果へCS日程へ