2019.10.10 05:01

阪神・望月、悔し2回5失点

阪神・望月、悔し2回5失点

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)プロ通算1勝ながら、CSでの初登板先発を託された22歳の望月は、2回5安打3四球で5失点と役割を果たせず。一回に丸、岡本に連続被弾すると、二回には亀井、坂本勇に連続適時打を許した。「こういう試合でしっかり抑えられる球を身につけていかないといけないです。技術的なところを上げていかないと」と悔しさをにじませた。金村投手コーチは「なかなか経験できる舞台ではない。今後に生かしてほしい」と奮起を促した。

試合結果へCS日程へ