2019.10.10 08:00

【真中満氏 満点ど真ん中】工藤監督の勇気ある決断が勝因

【真中満氏 満点ど真ん中】

工藤監督の勇気ある決断が勝因

特集:
真中満氏 満点ど真ん中

 (パ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、西武4-8ソフトバンク、1勝1敗、9日、メットライフ)ソフトバンクの八回の逆転劇は、早めに動いた工藤監督の決断が功を奏した。内川を下げ、代打に長谷川勇。とても勇気のいる起用だ。同点打で応えた長谷川勇とベンチで喜ぶ内川の姿に、チームの強さを感じた。

 その後、森のパスボールで5-4と勝ち越せたのも、三塁走者が代走に起用した周東だったから。デスパイネなら生還できていなかっただろう。ファーストステージで先発メンバーから外し、5番で復帰させた松田宣は2安打4打点。工藤監督は選手をうまく操縦している。

 ソフトバンクの先発投手は第2戦が武田に決まり、第3戦に千賀、第4戦にバンデンハークと続くだろう。西武はニールで初戦を取りたかったところだが、この敗戦を1勝1敗の五分になったと割り切れるか。気持ちの切り替えが大事になる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ