2019.10.10 16:59

楽天、平石監督が退任「評価は人がすること。そういう世界」

楽天、平石監督が退任「評価は人がすること。そういう世界」

特集:
移籍・退団・引退
楽天・平石洋介監督

楽天・平石洋介監督【拡大】

 プロ野球楽天の平石洋介監督(39)が10日、仙台市の楽天生命パーク宮城で取材に応じ、今季で退任することを明らかにした。1年契約で指揮を執ったが、球団から続投の要請がなく「評価は人がすること。そういう世界。覚悟はしていた」と話した。後任候補には三木肇2軍監督(42)の名前が挙がっている。球団は14日から始まる秋季練習は新監督の下で行いたいとしており、11日にも発表する。

 石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は続投を要請しなかった理由を「サインミスなどの多さや走塁を含め先の塁への意識改革が一年を通して改善し切れなかった。今のチームには改革をうまく促進できる方にチームを預ける必要がある」と説明。平石監督には2軍統括というポストを打診したが、返答は保留された。

 平石監督は昨季6月に梨田昌孝監督が辞任したのを受けて監督代行を務め、球団創設15年目の今季、生え抜きとしては初めて監督に就任した。