2019.10.10 08:00

【エモやんの舌好調】巨人、優勝チームらしい王道野球

【エモやんの舌好調】

巨人、優勝チームらしい王道野球

江本孟紀氏

江本孟紀氏【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦、巨人5-2阪神、巨人2勝、9日、東京D)「ファーストステージはしょせん二流と三流…あ、間違えた、2位と3位の戦いだった」-。8日に「TOKYO MXテレビ」でコメントしたら、大ウケした。まさに巨人が、優勝チームらしい、ファイナルらしい、王道野球をみせたね。

 公式戦でわずか1勝の望月。この失礼な先発投手に対して、いきなりビンタ2発ともいえる、丸と岡本の本塁打。坂本勇も二回に2点打。優位に立つ打力で、阪神の出はなをくじいた。

 試合間隔が空いて、各打者の調子がどうなっているのか、気にかけてはいた。特に、迷い道にハマると、不振が長引くタイプの岡本が、心配だった。この3人が好調を維持してシリーズに入れたのは、なによりだよ。

 加えて、山口を八回途中まで投げさせたおかげで、九回にドタバタしながら、逃げ切った。これもある意味、シーズン通りの展開かな。敗退していった、どこかのチームとは違う。小手先の早めのリレーに走らず、落ち着いた野球をしたね。

 もう1つ、シーズン通りだったのが、三回以降、追加点が取れず、打ち止め感があったこと。くれぐれも油断せず、調子を落とさず、王道を貫くことだよ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ