2019.10.10 12:08

【シーズン回顧一問一答】DeNA・南場オーナーが明言、ラミレス監督続投へ

【シーズン回顧一問一答】

DeNA・南場オーナーが明言、ラミレス監督続投へ

DeNA・南場オーナー

DeNA・南場オーナー【拡大】

 DeNAはレギュラーシーズンで2位となり、初のハマスタでのCS開催を実現。CSでは阪神に1勝2敗で敗れたが、終戦した7日に南場智子オーナーがラミレス監督の続投を明言した。改めて監督続投、今季を総括した南場オーナーの一問一答を掲載します。

    ◆

 冒頭のあいさつ。

 「このような結果になりましたけれども、私たちは初めてホームでCSを戦うことができ、たくさんのファンの方々にご声援をいただくことができました。ありがとうございました。

 きょう喜んでいただけなかったことは、私自身もとても残念ですけど、きょうを出発点に、長期的に強いチームを作っていくよう、そしてファンの方々にもっと大きな恩返しができるように頑張っていきます。

 たった今、ラミレス監督と話をしました。じっくりと話をしました。そして私の方から正式に来年の監督を要請いたしまして、監督も受諾してくださいました。来年の監督が決定いたしましたので、ご報告させていただきます」

 --2019年シーズンを振り返って

 「精神的に非常に厳しいというか、特に連敗が続いたときですね。ファンの方々に申し訳なくて、タフな年だったのですが、チームが本当にそこから頑張ってはい上がってきまして、優勝という目標には届かなかったですけど、私たちが球団を取得して初めて2位という結果を残すことができました。本当に選手、監督、コーチ陣の頑張りをたたえたいと思います。また、諦めずに応援してくださったファンの方々の力に後を押されたこともあり、すばらしい1年だったと思います」

 --観客動員数も大幅に増加

 「増席をしたので、実を言うと埋まらなかったらどうしようという気持ちはあったのですけど、スタジアムでの試合はほぼ全て満席ということで、感謝しかないです」

 --監督続投。具体的な話、評価について

 「一日一日の細かいことは私の知るよしもない、大変なことを乗り越えてやってきたと思います。ずいぶんと工夫をして、ここまでもってきてくれたのだと思います。優勝には届かなかったし、優勝を狙えるところで勝ちきることができなかったという反省材料はあるけど、ここまでもってきたということは評価させてもらいたいと話をしました」

 --来年への期待

 「来年は優勝しかないですよ、という話はしました。本人はもちろん、そのつもりでいますので、はい」

 --今年のラミレス監督について

 「あそこまで負けが続いて、チームもファンの皆さんの心境も盛り下がったとときに、もう一度鼓舞して、冷静に戦い抜いて、ここまでもってきた結果ですよね。それが全てだと思います」