2019.10.9 12:39

国学院大が中大に雪辱、小玉8K完封/東都

国学院大が中大に雪辱、小玉8K完封/東都

国学院大・小玉和樹投手は初完投を完封で飾った(撮影・赤堀宏幸)

国学院大・小玉和樹投手は初完投を完封で飾った(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ戦第5週第2日は9日、東京・神宮球場で中大-国学院大2回戦が行われ、国学院大が3-0で開幕から5連勝中の中大を下し、1勝1敗とした。

 勝ち点2同士の戦いで中大が先勝しての2戦目、国学院大は二回2死三塁で、ボークで先制点が入り、六回2死一、二塁で、8番・高本康平捕手(4年)が右中間を破る二塁打を放ち、2点を追加した。先発右腕・小玉和樹投手(4年)が5安打2四球8三振で初完投を完封勝利で飾った。

 国学院大・鳥山泰孝監督は、「小玉、高本と4年生中心に気力が充実して戦えている。ただ、明日(3回戦)に負けたら意味がない」と引き締めた。

試合結果へ試合日程へ

  • 国学院大・小玉和樹投手は初完投を完封で飾った(撮影・赤堀宏幸)