2019.10.9 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】決戦直前…気になる練習姿勢

【虎のソナタ】

決戦直前…気になる練習姿勢

特集:
虎のソナタ
投手指名練習で話しながら歩く(左から)西、高橋遥、青柳。5年前のG倒を再現する

投手指名練習で話しながら歩く(左から)西、高橋遥、青柳。5年前のG倒を再現する【拡大】

 ところであなたは5年前の2014年の今頃、どんなことがあったか…覚えてますか。

 ついさっき、トントンと階段を下りて台所の冷蔵庫の前にたって、ハテ…俺はなんでここに立っているんだろう…と考えて、ドーしても思い出せない。それで奥方に気取られてはマズイから鼻歌のひとつも口ずさみながら冷蔵庫の前から離れるけど…それが…どーしても思い出せない。

 なに、心配するこたぁない…か。

 本日の当番デスクは白石大地。ところで…5年前の今頃はキミは何をしてたのか? とたずねたら白石はとたんに冷蔵庫の前の状態になっちまった。

 「エート…ちょっとまってくださいよ。僕は物覚えはいいんですから…エート…5年前ですよネ。あ、覚えてますよ。サッカー担当でブラジルでのW杯に取材でいってました…」。つまり会社の金でブラジルでブラじってたわけかョ。「そんな人聞きのわるいことを言わないでくださいョ。ちゃんと必死で仕事をしてましたよ。ブラジルで…」(当たり前だ)

 何もこっちは編集局の窓際の「虎ソナ班」でひざ小僧をかかえて難波の曇り空を眺めてただ涙がポツリ…中年男の、人にはいえない涙の味ってのがわかるかってんだ。いかん、これは本日の本題とは関係なかった。単なる中年のヒガミ…。

 白石デスクよ、その5年前のちょうど今頃(10月8日)は阪神はどんな具合になっちょったかわかるか…わかるわけないわなぁ、会社の金でブラジルのグラマーと…ケッ、その頃、俺たちは何をしとったか。

【続きを読む】