2019.10.8 08:00

【小早川毅彦の打診球診】追い込まれて強くなっている阪神

【小早川毅彦の打診球診】

追い込まれて強くなっている阪神

先発の阪神・高橋遥=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

先発の阪神・高橋遥=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、DeNA1-2阪神、阪神2勝1敗、7日、横浜)勝利の原動力は間違いなく投手力だ。先発の高橋遥、2番手・島本、3番手・岩崎。プレッシャーのかかる中で、自分の一番いい球を投げられる精神力は素晴らしい。2イニング目に失点した岩崎は、明らかにぬかるんだマウンドの影響で、責められない。大ピンチをしのいだドリスの粘りも褒めたい。

 シーズン終盤、CSの戦いを通じて、阪神ナインが明らかに変わった点がある。追い込まれて強くなっている。前回登板で打たれながら、リベンジした島本が象徴的。前日、盗塁失敗の植田は八回、初球盗塁を決めた。これが決勝点に結びついている。苦しい状況をはね返す力を身につけている。負けられない状況での接戦が続く中で、選手が目に見えて成長していっているのが分かる。

 勢いは感じる。が、3試合を目いっぱい戦った上での東京ドームでの巨人戦。有利とはお世辞でも言えない。

 ただ、追い込まれて強いということは開き直りができている証拠。巨人相手に再び開き直れれば、面白い戦いができる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ

  • 5回、投球する阪神・島本=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 7回途中降板する阪神・岩崎(中央)=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)