2019.10.8 08:00

【エモやんの舌好調】レベル低い戦い…実力通りの内容

【エモやんの舌好調】

レベル低い戦い…実力通りの内容

9回、雨の中投球する阪神・藤川=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)

9回、雨の中投球する阪神・藤川=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、DeNA1-2阪神、阪神2勝1敗、7日、横浜)両軍の得点経過は暴投、失策、そして暴投絡みの犠飛…。しょせん、公式戦の貯金が「2」と「1」の戦い。実力通りの内容だったよ。

 DeNAは七回、追いついて、なお一死満塁と一気に決めたい場面で、柴田が三振、佐野が中飛。振り回すばかりで、芸はないし、チーム打撃もできない。本塁打が出れば勝ち、出なければ負けるというチームカラーが、もろに出た。

 逆に一発を望めない阪神は、ちょこまかと得点して、なんとかリリーフ陣がしのぐという、これまたシーズンそのままの試合運び。藤川が降雨の悪いコンディションで2イニングを任されたのも、特徴的だった。

 まあ、広島が自力CS進出を逃し、オマケでもらったCS。ダメ元と開き直って、よく勝ち上がったと言ってあげよう。

 さて、ファイナルだ。巨人にしたら、東京ドームで行う分、本塁打の少ない阪神の方が、やりやすいとは思う。ただし、競り上がってくると、妙なチーム力がつくこともあるから、要警戒。試合間隔が空いて、勝負カンが鈍っている危険性もある。よく指摘されることが、そのまま現象として起こるのもCS。面白くなるかもしれないね。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ