2019.10.8 08:00

【真中満氏 満点ど真ん中】内川がここぞで勝負強さを発揮、鷹の選手層の厚さ感じた

【真中満氏 満点ど真ん中】

内川がここぞで勝負強さを発揮、鷹の選手層の厚さ感じた

特集:
真中満氏 満点ど真ん中
7回、ソフトバンク・内川が本塁打を放ち、ガッツポーズ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

7回、ソフトバンク・内川が本塁打を放ち、ガッツポーズ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、ソフトバンク2-1楽天、ソフトバンク2勝1敗、7日、ヤフオクD)ソフトバンクの選手層の厚さを改めて感じた。先発の高橋礼もよかったが、六回途中から小刻みにつないだ救援陣が無失点リレー。六回1死一、二塁、七回1死二塁のピンチをしのいで嫌な流れを断った直後に、内川の勝ち越しソロが出た。

 打線は松田宣と中村晃をスタメンから外しても、これだけのオーダーを組むことができる。そして、ここぞという場面で経験豊富な内川が大きな仕事をした。状態はそれほどよくなくても、配球の読みや勝負強さはベテランならでは。ここに楽天との違いがあった。

 昨年と同じ顔合わせになったファイナルステージは、最後までもつれるとみている。

 ソフトバンクは、今ステージで3連投したモイネロらの疲れが心配だ。西武は救援陣の豊富さでは分が悪いとはいえ、しっかりと休養が取れている。しかも、今ステージ初戦に先発した千賀が中5日できても11日の第3戦で、西武はそこが狙いどころ。ニールに託す第1戦をなんとしても取ってアドバンテージを含む2勝とし、優位に運びたい。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ

  • 7回、ソフトバンク・内川が本塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)