2019.10.7 22:05

阪神、下剋上で5年ぶりファイナルS!“神走塁”植田「絶対やり返したるという気持ちで」

阪神、下剋上で5年ぶりファイナルS!“神走塁”植田「絶対やり返したるという気持ちで」

8回、二盗に成功した阪神・植田=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)

8回、二盗に成功した阪神・植田=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、DeNA1-2阪神、阪神2勝1敗、7日、横浜)レギュラーシーズン3位の阪神は2位のDeNAに2-1で競り勝ち、2勝1敗で5年ぶりのファイナルステージ進出を決めた。阪神は9日から東京ドームでセ・リーグ王者の巨人とファイナルステージ(6試合制、巨人に1勝のアドバンテージ)を戦う。

 阪神は、第1戦で6点差をひっくり返しての大逆転勝ちで王手をかけていたが、第2戦でサヨナラ負け。引き分けすら許されない一戦だった。

 0-0の六回、先頭の高山が左中間フェンス直撃の二塁打。続く梅野の犠打で1死三塁とし、打席にはこの日2安打の木浪。その初球、DeNAの3番手・国吉の153キロ直球がワンバウンド。捕手・伊藤も止めることができず、三走・高山が先制のホームを踏んだが、七回1死満塁で打者・伊藤光の三ゴロを三塁手・北條がファンブル。痛恨の適時失策で同点とされた。

 しかし八回、1死から高山が死球で出塁すると、矢野監督は代走・植田を起用。続く梅野の打席の初球で二盗成功。さらに5球目が暴投となり1死三塁と進塁すると、梅野がきっちりと役割を果たして中犠飛をマーク。植田が快足を飛ばして生還し、無安打での勝ち越しに成功。1点のリードを守り切り、3位から下剋上で宿敵巨人が待つ東京行きのチケットをつかんだ。

 勝ち越しのホームを踏んだ植田はヒーロインタビューで、盗塁について「初球いこうと思っていたんで、いい感じに決まりました。昨日やられてたんで、絶対やり返したるという気持ちで走りました」と振り返り、「(チーム全体が)すごく雰囲気がいいと思うので、絶対にジャイアンツに勝って、日本シリーズに行きたいと思います!」と虎党に誓った。

試合結果へCS日程へ

  • 8回打者・梅野の時、一走の阪神・植田が盗塁野手・柴田=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 8回勝ち越し犠飛を放つ阪神・梅野=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 試合に勝利しタッチを交わす阪神ナイン=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 6回DeNA・国吉(右)の暴投で三走の阪神・高山が生還=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 7回、DeNA・伊藤光の打球をエラーする阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)