2019.10.7 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】勝負やねんから、思い切ってやるしかない

【矢野監督 必死のパッチトーク】

勝負やねんから、思い切ってやるしかない

試合に敗れ、引き揚げるナインに声をかける阪神・矢野監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)

試合に敗れ、引き揚げるナインに声をかける阪神・矢野監督(中央)=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、DeNA6x-4阪神、1勝1敗、6日、横浜)

 --九回の福留のホームランは意地を見せた

 矢野監督「意地というか、すごいでしょ? さすがの経験というか、経験値と意地というか、そこで孝介(福留)が打ってくれたんじゃないの」

 --どっちに転ぶかわからない展開で、采配が難しい

 「毎日難しいよ」

 --1勝1敗に

 「そんなん勝負やねんから、思い切ってやるしかないやん。ビビッてやるものじゃないしさ。ここまでの戦いを見てくれたら、みんな素晴らしい戦いをしてくれている。思い切ってぶつかっていくだけのことやから。ここに来て、特別なことはできるわけでもないし。素晴らしい戦いをしてくれているんで。あしたもやりきってくれたらいいんじゃないか」

 --七回、北條に代走・植田。あそこは一番、点が取れる確率が高い選択肢か

 「一番取れる選択肢っていうか…。別に俺らの今までの野球やってるだけやけど。何かあった?」

試合結果へCS日程へ