2019.10.7 21:05

ソフトバンクがファイナルS進出!内川が同点打&勝ち越し弾

ソフトバンクがファイナルS進出!内川が同点打&勝ち越し弾

7回、ソフトバンク・内川が本塁打を放ち、ガッツポーズ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

7回、ソフトバンク・内川が本塁打を放ち、ガッツポーズ =ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦、ソフトバンク2-1楽天、ソフトバンク2勝1敗、7日、ヤフオクD)ソフトバンクが楽天に先制を許しながらも、内川が同点打と勝ち越し弾を放つ活躍を見せ、6年連続のファイナルステージ進出を決めた。ソフトバンクは9日からメットライフドームでパ・リーグ王者の西武とファイナルステージ(6試合制、西武に1勝のアドバンテージ)を戦う。

 ソフトバンクは高橋礼、楽天は岸が先発登板。ソフトバンクは第2戦に続き松田宣が先発メンバーから外れ、楽天も今季レギュラーシーズンで高橋礼を苦手としていたウィーラーがスタメン落ちした。

 両先発はいずれも三回まで安打を許さない最高の立ち上がり。特に高橋礼は1人の走者も許さなかったが、試合が動いたのは四回。楽天は2死後に3番・浅村が右翼ホームランテラスに飛び込むソロ本塁打を放ち先制。その後もブラッシュが四球、銀次が右前打で出塁し一、二塁のチャンスを作ったが、藤田のセンターへの打球はフェンス手前で柳田に掴まれ追加点は奪えなかった。

 ソフトバンクもその裏に2死から4番のデスパイネが中前へチーム初安打。グラシアルも右前打で続き一、二塁。続く内川の左前打に巨体を揺らして三塁を回ったデスパイネが本塁に滑り込んで1-1とした。

 六回、楽天は先頭の島内が死球で出塁。続く茂木の左中間方向に抜けようかというラインドライブがかかった打球は遊撃・今宮に好捕され島内が二塁封殺されたが、次打者・浅村が四球を選び一、二塁とし、高橋礼はここでマウンドを降りる。しかしここでブラッシュが2番手・高橋純の前に遊ゴロ併殺打に終わった。

 楽天は七回にもソフトバンク3番手の嘉弥真から先頭の銀次が右中間二塁打を放つと、藤田が犠打を決め一死三塁とまたも勝ち越し機を迎える。ここで甲斐野を送り込んだソフトバンクに楽天は代打攻勢を仕掛けたが、ウィーラーが遊ゴロ、フェルナンドが空振り三振に倒れ、またもチャンスを逸した。

 ソフトバンクはその裏、先頭の内川がこの回から登板した楽天の2番手・宋家豪から左翼席にソロ本塁打を運び勝ち越しに成功した。ソフトバンクは八回をモイネロ、九回を森が楽天打線を無得点に抑えて熱戦をものにした。

試合結果へCS日程へ