2019.10.7 08:00

【若松勉 芯打ち登場】自分の仕事をした鷹救援陣

【若松勉 芯打ち登場】

自分の仕事をした鷹救援陣

投球するソフトバンク・石川=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

投球するソフトバンク・石川=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、ソフトバンク6-4楽天、1勝1敗、6日、ヤフオクD)ソフトバンクは五回から登板した中継ぎ、抑えがきっちり自分の仕事をした。楽天打線を5イニング0点に抑えた4人の好投が、勝因といえる。

 5-4で登板した石川は1四球だけで2回無失点。素晴らしいボールだった。甲斐野も球が走り、モイネロはチェンジアップが有効だった。森も最後は3者連続三振。中継ぎ、抑えはソフトバンクの方が上だ。

 工藤監督は先発のバンデンハークの交代まで、我慢し過ぎるくらい我慢した。4-2で迎えた四回1死一塁から、連続四球を与えて満塁。私のような野手出身の監督なら、ここで代えているよ。工藤監督は投手出身で、現役時代は多くの修羅場をくぐっている。先発投手の気持ちなどを考えるんだろうな。

 だが、次はラストの第3戦。先発の高橋礼は頑張らないといけないが、工藤監督はちょっとでも調子がよくないと思ったら、すぐに切り替えて好調の中継ぎ、抑えにつなげるだろう。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ

  • 勝って喜ぶソフトバンクナイン=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)