2019.10.7 05:03(1/2ページ)

ギータ弾に福田V弾!工藤魔術で鷹もタイ 松田宣を控えに…非情采配が吉

ギータ弾に福田V弾!工藤魔術で鷹もタイ 松田宣を控えに…非情采配が吉

三回にデスパイネ(左)の2ランで生還した柳田は、主砲が本塁打を放った際のポーズをともに決めた (撮影・山田喜貴)

三回にデスパイネ(左)の2ランで生還した柳田は、主砲が本塁打を放った際のポーズをともに決めた (撮影・山田喜貴)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、ソフトバンク6-4楽天、1勝1敗、6日、ヤフオクD)パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ第2戦が行われ、レギュラーシーズン2位のソフトバンクが3位の楽天に6-4で競り勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。柳田悠岐外野手(30)が一回の先制ソロを含む3安打2打点。先発起用した福田秀平外野手(30)が四回に決勝ソロを放つなど、工藤公康監督(56)の采配も光った。7日の第3戦で勝つか引き分ければ、6年連続のファイナルステージ進出が決まる。

 主砲の一発で天敵攻略への道を切り開いた。柳田が一回、9月1日以来の本塁打となる同点ソロ。活気が出た打線はレギュラーシーズンで打ちあぐねていた美馬から3本塁打を浴びせて5点を奪った。

 「大した当たりじゃないけど、貢献できてよかった」

 先制された直後の一回。カーブに詰まりながらも、右中間にせり出すホームランテラス席へ運んだ。再び勝ち越された直後の三回は左中間へ適時二塁打。2度の同点打で逆転勝ちに導き、1勝1敗に持ち込んだ。

 工藤監督の大胆な起用も奏功した。不動のレギュラーだった松田宣が美馬に今季18打数2安打、通算打率でも・186と苦戦していることから控えに回した。代わりに先発起用した福田が勝ち越しソロ。指揮官は「負けたら終わりなので、悔いのないように。松田君のことを考えるとすごく悩んだ」というが、非情に徹した采配は吉と出た。

【続きを読む】

  • 一回、本塁打を放つソフトバンク・柳田悠岐=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 四回、ソフトバンク・福田秀平が本塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 1回、ソフトバンク・柳田が本塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、本塁打を放つソフトバンク・福田=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 4回、勝ち越し本塁打を放った福田を出迎えるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(加藤孝規撮影)
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 3回、勝ち越し左越え2点本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)
  • 投球する先発のソフトバンク・バンデンハーク=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 勝って喜ぶソフトバンクナイン=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 森と抱擁するソフトバンク・高谷(右)=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)
  • 投球するソフトバンク・石川=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 勝利してガッツポーズするソフトバンク・森=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)