2019.10.7 18:12

長嶋茂雄氏「ショックが大き過ぎる」 金田正一さんの訃報に

長嶋茂雄氏「ショックが大き過ぎる」 金田正一さんの訃報に

死去した金田正一氏

死去した金田正一氏【拡大】

 プロ野球国鉄(現ヤクルト)、巨人で前人未到の通算400勝を達成し、ロッテでも監督を務めた金田正一さんが6日に86歳で死去したことを受け、巨人の長嶋茂雄元監督(83)は球団を通じて「突然の訃報に言葉を失った。ショックが大き過ぎる。元気の塊のようだった人にも、こういう結末があったのか。金田さんのような投手は、これから出てくるだろうか。400勝投手は永遠ではないか、と思っている」とコメントした。

 訃報に接して真っ先に浮かんだのがデビュー戦で4打席連続三振を喫したことだという。「私はこの時、プロで戦い抜いてやるぞと強く思った」と振り返った。

 東京ドームで行われた巨人の全体練習前に選手らは中堅付近に集まり、黙とうをささげた。原辰徳監督(61)は「400勝というのはもう気が遠くなる数字。鉄人であり、本当に野球の教科書。金田イズム、金田魂というものを大事な宝物として、後輩たちに伝えていけたら」と話した。