2019.10.6 05:05(1/3ページ)

阪神、奇跡のCS初6点差大逆転!北條が反撃3ラン&V三塁打でプロ初5点打

阪神、奇跡のCS初6点差大逆転!北條が反撃3ラン&V三塁打でプロ初5点打

八回、逆転の2点三塁打に北條が雄たけび。CS史上最大の逆転勝利だ(撮影・水島啓輔)

八回、逆転の2点三塁打に北條が雄たけび。CS史上最大の逆転勝利だ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、DeNA7-8阪神、阪神1勝、5日、横浜)大、大、大逆転や! クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが開幕し、セはレギュラーシーズン3位の阪神が2位のDeNAに8-7で勝利。北條史也内野手(25)の3ランを含む5打点の活躍でCS史上最大の6点差を逆転した。矢野燿大監督(50)は全員野球に感涙。6日に勝てば5年ぶりのファイナルステージに進出する。この強さ、ハンパないって! 日本一いけるで!

 誰も諦めていなかったからこそ、白球はもうひと伸びして奇跡に変わった。八回2死二、三塁。北條の打球が中堅手・神里の頭上を襲った。三塁上で腕を突き上げる。青一色の横浜スタジアムで虎がCS史に名を刻む大逆転を演出した。自己最多、5打点のMVPは興奮を隠しきれなかった。

 「打席に入る前に(後ろを打つ、この日無安打の)福留さんから『きょうは俺の日じゃないから、お前がいってこい』と言われました。『決めたろ』と思って打席に入りました。めちゃめちゃ、うれしいです」

 絶望的な展開だった。先発・西が1死も奪えず、左足に打球を直撃させて3失点KO。五回の島本の4失点も加わり、1-7と傷が広がった。

 しかも、ジョンソンは夫人の出産で緊急帰国し、不在。だが、6連勝締めで3位に滑り込んだ虎はここから底力を証明した。

【続きを読む】

  • 北條は七回にも3ラン。1試合5打点と大暴れだ
  • みんなが“矢野ガッツ”!八回、北條の逆転三塁打にお祭り騒ぎだ(撮影・長尾みなみ)
  • 勝利し、笑顔の矢野監督。この直後、涙腺が緩んだ
  • 8回逆転適時打を放つ阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 声援に応える阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 本日のヒーロー阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 試合前、円陣を組む阪神ナイン=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)
  • 7回、左二塁打を放つ阪神・高山=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 1回、投球前、マウンドに手をあてる先発の阪神・西=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 5回DeNA・筒香に適時打を許す阪神・島本=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 4回、犠飛を放つ阪神・梅野=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)
  • 試合に勝利しタッチを交わす阪神ナイン=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ)