2019.10.6 16:59

ソフトB、ファイナルS進出へ逆王手 決勝弾の福田「今年1番の当たり」

ソフトB、ファイナルS進出へ逆王手 決勝弾の福田「今年1番の当たり」

4回 本塁打を放つソフトバンク・福田=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

4回 本塁打を放つソフトバンク・福田=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、ソフトバンク6-4楽天、1勝1敗、6日、ヤフオクD)負ければファーストステージ敗退のソフトバンクが、楽天に競り勝ちファイナルステージ進出に逆王手をかけた。

 ソフトバンクは1点を追う三回、2死一塁から柳田が左中間へ適時二塁打を放ち同点に追いつくと、なおも二塁からデスパイネが左翼席へ2ランを放ち勝ち越した。再び同点に追いつかれた四回は、先頭の福田が右翼席へソロ本塁打を放ち勝ち越しに成功。五回には2死二塁からデスパイネが右前適時打を放ち貴重な追加点を挙げた。

 投げては先発のバンデンハークが四回途中4失点と試合を作れなかったが、小刻みな継投で逃げ切った。

 勝ち越しの一発を放ったヒーローの福田は「素直にうれしいです。先頭だったので、とにかく塁に出ようと言う思いはありました。手応えは今年1番の当たりでした」と喜んだ。

 ソフトバンクは第3戦で勝つか引き分ければ、6年連続のファイナルステージ進出が決まる。

試合結果へCS日程へ

  • 4回、本塁打を放つソフトバンク・福田=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 勝って喜ぶソフトバンクナイン=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、内野安打を放つソフトバンク・柳田=ヤフオクドーム(加藤孝規撮影)
  • 5回、適時打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 4回、勝ち越し本塁打を放った福田を出迎えるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(加藤孝規撮影)
  • 3回、勝ち越し左越え2点本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)